未来小説01

October 27, 2014  |  By  | 


  寝 ぼ け な が ら 朝 食 を 食 べ つ つ 、 今 朝 の 夢 を 振 り 返 る 。 夢 と は 記 憶 の 整 理 を す る た め に み る も の だ と 言 わ れ て い る 。 し か し 、 今 朝 の 夢 は 何 か 予 言 の よ う な 内 容 だ っ た 。 「 早 く 食 べ て 準 備 し な  入 学 式 か ら 遅 刻 と か や め て よ 。 」   朝 食 を 済 ま せ 、 身 支 度 を 整 え 車 に 乗 り 込 む 。 「 間 に 合 い そ う ね 。 忘 れ 物 は な い  」 「 大 丈 夫 。 」 無 事 に 間 に 合 い 、 用 意 さ れ た 席 に 座 る 。 暫 く し て 校 長 の 挨 拶 が 始 ま り 、 話 に 耳 を 傾 け て い た 。 す る と 突 然 、 視 界 が 霞 み だ し た 。   気 分 が 悪 く な っ た の か と 思 い 、 頭 を 振 る 。 思 考 も 視 界 も 至 っ て ク リ ア だ 。 歪 ん だ よ う に 見 え た 場 所 ― ― 僕 の 目 の 前 に は 、 い ま や 空 間 の 裂 け 目 が で き て い た 。 物 事 と は 、 そ れ を 受 け 入 れ よ う が 受 け 入 れ ま い が 進 行 す る も の だ 。

More from Leaf

Page 1 / 2